« Sandy Bridge | トップページ | Win8 Preview »

2011年3月 4日 (金曜日)

分身の術

メインマシンの少し前の構成ですが

CPU : Intel Core i7 980X
CPU Cooler : Deep Cool Killer Whale Premium
M/B : Foxconn Renaissance(X58)
Mem : DDR3-1333 CL=9 4GBx6 @ DDR3-1066 CL=7
HDD : 300GB(SAS)+147GB(SAS)+500GB(SATA)+500GB(RAID-1 NAS)
VGA : ATI Radeon HD5870
BRD : PIONEER BDR-205
Tuner : DT-H70/PCIEW7
R/C : GV-MC7/RCKIT
Case : Antec Nine Hundred
P/S : Zippy HU2-5660V
LCD : BenQ G2400W
K/B : FKB108M/JB
Mouse : G5
Speaker : PAreLLA SEP-01
OS : Windows 7 Professional

Intel Core i7 990Xが発売されたので、
軽くOCして990X相当で動かしてみようと思いましたが、
定格では安定していたFoxconn Renaissanceが
倍率変えても低格でしか動いてくれません。
SandyBridgeリコール待ちだし、Core i7 970値下がりしたので
OC向きのマザーボードを購入して980Xをそちらに回し、
定格用に新規購入した970を使いました。

RenaissanceはSAS持っているけどOC向けのマザーボードには
SASがないのでHBAとしてARC-1212を購入しました。
ARC-1212添付のケーブルだとSATAはそのまま取り付けできましたが、
SASは電源供給ができなかったのでオスオスのSATA中継コネクタと
今まで使っていた4P電源付SASコネクタで接続しました。

構成その1
CPU : Intel Core i7 980X
CPU Cooler : Deep Cool Killer Whale Premium
M/B : ASUS Rampage III Formula
Mem : DDR3-1333 CL=9 4GBx3
HDD : 64GB+64GB(SSD RAID0)+300GB(SAS)+500GB(SATA)+500GB(RAID-1 NAS)
VGA : ATI Radeon HD5870
BRD : PIONEER BDR-205
Tuner : DT-H70/PCIEW7
R/C : GV-MC7/RCKIT
Case : Antec Nine Hundred
P/S : Zippy HU2-5660V

構成その2
CPU : Intel Core i7 970
CPU Cooler : Deep Cool Killer Whale
M/B : Foxconn Renaissance
Mem : DDR3-1333 CL=9 4GBx3 @ 1066 CL=7
HDD : 147GB(SAS)+500GB(RAID-1 NAS)
VGA : ATI Radeon HD3870
DVD : Toshiba SD-M1712
Tuner : PT2
Case : SEIGI-3GOU
P/S : GUP EG500J-DX10

追加パーツは
CPU : Intel Core i7 970 新規購入
CPU Cooler : Deep Cool Killer Whale
M/B : ASUS Rampage III Formula 新規購入
HBA : Areca ARC-1212 新規購入
SSD : Samgung MCCOE64G8MPP-0VA x 2
VGA : ATI Radeon HD3870 
DVD : Toshiba SD-M1712
Tuner : PT2
Case : SEIGI-3GOU
P/S : GUP EG500J-DX10

|

« Sandy Bridge | トップページ | Win8 Preview »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17515/51025317

この記事へのトラックバック一覧です: 分身の術:

« Sandy Bridge | トップページ | Win8 Preview »